大阪心斎橋の日本酒バー::はな酒バー

はな酒バーとは?

はな酒バーの運営母体は、有限会社ジェイホッパーズ という国内外の旅人をお迎えするバックパッカーズホステル(ゲストハウス) シェアハウス ツアー事業 を手掛けている会社です。直営ホステルの1軒(大阪花宿 )が大阪心斎橋のアメリカ村にあるのですが、そこの1階でCOCOSという喫茶店を長年営んでおられたママが2014年の年末に他界されました。そして幾つかのご縁があり、彼女の後を引き継ぐ形で私達がそのスペースを借りる事となったのです。もともと私が日本酒好きで、また大阪花宿のマネージャやスタッフ達もそろって酒好きであったことから、一もニもなく"Sake Bar"に挑戦してみようという話になりました。

ホステル経営では12年の経験がある私達ですが、飲食業は初めてで素人ばかりです。でも日本文化の重要な一端を担っている日本酒や焼酎を気軽に海外の人にも味わってもらいたい、そして日本のお酒好きと外国のお酒好きが楽しく語り合える場所を提供したい。この気持は私達がホステルを開業した時の動機と共通するものです。そんなドキドキワクワクした気持ちと共にはな酒バーの舵を取ってゆきたいと考えています。

そのためにはまず入店し易い店作りです。改装工事では、入口のドアを大きな引き戸にし、出来る限り外から中の様子がわかるよう大きなガラスをはめ込みました。そして席の半分ほどを立呑みスペースにして、見知らぬお客さん同士が話し易くなる形式にしてみました。また側壁やカウンターなど随所に建築用の足場板を用いてざっくばらん感を出そうとしたのですが、これはむしろおしゃれな雰囲気を醸し出す方向に働いたかもしれません。なおお支払いは現金のキャッシュオンを基本としているので、ちょこっと一杯だけでも気軽に立ち寄っていただけます。

肝心のお酒ですが、日本酒や焼酎に限らずウヰスキー、ビール、ワイン等、すべて日本産で揃える「和酒バー」にするという事に決めました。お酒通からビギナーまで、そして国籍問わず楽しんで頂けるよう酒屋さんのアドバイスを受けながら、味のバランスも多様でかつ幅広い地域から個性的なお酒の仕入れを心掛けるつもりです。中でも特に味や香りの幅が広い日本酒は、できるだけ色々な酒類を楽しんで頂けるように、単品では通常より少なめの90ml(1合の半分の量)から、またお試しセットとして50ml×お好み3種などのメニューも用意することにいたしました。

フードに関しては、厨房も小さく少人数のスタッフで切り盛りしますので、それほど手の混んでいない簡単なおつまみをお出しする程度になります。ただその中でも、酒好き者の心を刺激する様なちょっとした工夫を凝らした一品や、また外国からのお客様が味わう事ができない珍味的なものも用意できればと考えております。こういう部分は日本の皆様の助言もぜひ頂きたいものです。

ここ数年、大阪のみならず日本各地で素晴らしい日本酒バーや焼酎バー、立呑み店が増えています。私達も日々の営業の中でこれら諸先輩方に少しでも近づく努力をすると同時に、もう一方で「酒」という文化を通じて身近に国際交流を楽しめる場所に育ててゆきたいと考えております。みなさまのご来店を心よりお待ちしております。


有限会社ジェイホッパーズ代表
兼 はな酒バーウエイター
飯田章仁